お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
B 紀要等 >
人間文化論叢 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/2459

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004831695.pdf1120KbAdobe PDFView!

タイトル :A Cultural Analysis of the Female Quality and Figure in Zhangxin's City Literature
別言語のタイトル :張欣の都市文学作品における女性像についての分析 : 対張欣都市文学作品中女性形象的分析
著者 :Li, Ying
別言語の著者 :李, 莹
発行日 :2006
内容記述 :それらの女性像を通して、張欣の作品は、90年代以降、女性たちが複雑な都会生活の中で経験した苦悩と矛盾を描き出すと共に、都市という環境が女性の思想や価値観に与える影響を探究し、都市女性に特有な女性意識を表現した。都市に生きる女性の洞察と描写が、張欣作品最大の魅力であろう。本研究の骨子は次の通りである。まず90年代以降、中国において都市文学が再び盛んとなったその原因を考察し、次に90年代以降の都市文学の中国における発展状況及び都市文学の創作ブームの中に現れた著名作家と彼らの作品を紹介する。その中でも張欣の都市文学作品と彼女が描く女性像について重点的に分析する。
1980年代、中国の文壇では、様々な文学ジャンルが相次いで勢いを見せたが、それに比べると、90年代初期の文壇は間違いなく寂しいものであった。だが、都市文学の再興によってこれらの状況は一変した。「都市文学」を研究するには、まずその定義を定めなければならない。しかし目下の所、評論家や学者らの間に「都市文学」についての定義は存在せず、学者の中には「都市文学」の概念を厳密に定義する必要はないと主張する者すらいる。それゆえ都市文学というこの特定の概念について議論・研究する場合も、それぞれが考える意味内容は決して同じではない。しかし、都市文学の概念や定義をあまりにも拡げすぎると、それを対象とする研究に支障をもたらすことになるだろう。したがって、本研究では「都市文学」を次のように定義する。都市住民・都会生活を描くことを主とし、都会の雰囲気・都会意識を表現する作品をすべて都市文学と呼ぶ。特に指摘しておく必要があるのは、本研究は90年代後期に現れた都市文学の分析に重点を置くが、その中でも小説という文学ジャンルを研究範囲としているということである。中国の文壇にとって「都市文学」は突然降って湧いたものではなく、3、40年代には都市文学の創作が大いに盛んで、劉吶鴎・穆時英・施蜇存・張愛玲などの作家が都市の情景や都市住民の生活を描いて大いにもてはやされた。しかし1949年以降は都市文学の創作は低迷期に入る。80年代後半になり、10年間の改革開放政策が大陸の都市部に大きな変化をもたらし、人々の生活や思想・観念も都市化の進展に伴って大いに変化し、都市文学も次第に作家や読者に注目されはじめた。1994年、中国広東省深圳市の『特区文学』という雑誌が「都市文学」創作の烽火を上げて以来、そのブームは今日にまで至っている。今日、都市文学の創作ブームによって、多くの著名な作家が現れた。張欣もその中の一人である。張欣は中国作家協会全国委員会委員・広州市作家協会主席であり、1978年の小説デビュー以来、すでに中篇小説集12作、文集3作、長編小説9作と多数のエッセイ集を出版している。そのうち、『沉星挡案』や『浮華背後』など10作以上の都市文学作品が中国大陸にてテレビドラマとして放送されたおかげで、張欣の都市文学作品の認知度がさらに上がった。張欣は都市を熟知しているばかりでなくその表現にも優れているが、かつてインタビューの中で自らが都市にアイデンティティーを持つことを告白している。彼女の作品の中で最も魅了されるのは、彼女が描く一連の都市の女性像である。
Since the beginning of the 20th century, the "city literature" has become popular in China. The main characteristic of "city literature" is to describe the story of the people in city. Zhang Xin is one of the greatest writers of "city literature". Some of her novels were made into movies and, her works has brought huge influence into the society. Amongst her works, particularly the stories about women the protagonists in the play tell us a lot about how the environment affects their lives. Moreover, she writes about the special identity, consciousness and significance of women of today in her books. The thesis reveals how the "city literature" arose and developed in China. Under the circumstances mentioned above, to analyze the work of Zhang Xin, to decode the protagonist character in her story will dissect deeper into their world.
資料種別 :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/2459
NII書誌ID :AA11356899
公開者・出版者 :お茶の水女子大学大学院人間文化研究科
掲載雑誌 :人間文化論叢 Vol.9 p.93 -101
出現コレクション:人間文化論叢