お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
B 紀要等 >
言語文化と日本語教育 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/56727

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
04_p.31-38.pdf432KbAdobe PDFView!

タイトル :持続可能な生き方を考えるための日本語教師研修の提案 : 対話的問題提起学習とロールレタリングの協働実践
別言語のタイトル :Suggestion for the Japanese teacher training which deepens understanding of sustainability : Collaborative practice of Problem-posing Learning and Role Lettering
著者 :唐澤, 麻里
小浦方, 理恵
鈴木, 寿子
別言語の著者 :KARASAWA, Mari
KOURAKATA, Rie
SUZUKI, Toshiko
発行日 :2013-12-7
抄録 :日本語教師の雇用の不安定化が顕在している現在、教師の持続可能な生き方を考えるための教師研修を実戦可能なものとして提案することが必要である。本研究は、現職日本語教師の持続可能な生き方を考える自発的で自律的な教師研修のデザインを模索することを目的として行った。具体的には言語生態学を理論的背景として「対話的問題提起学習」と「ロールレタリング」という実践を、かつて同じ大学院で学び、現在は職場の異なる三人の仲間で試みた。約3か月にわたって4回の活動を行った結果、三人の間で言語を活性化した内省および対話が実現し、社会の現状に対する理解、自己理解、他者との相互理解を深めることができた。こうした点から考察すると、「対話的問題提起学習」と「ロールレタリング」を組み合わせた本実践は、持続可能な生き方を考えるための教師研修のあり方の具体例を示したと思われる。
In this paper the authors discuss a method of Japanese language teacher training which fosters autonomous teachers and encourages a broader view of education beyond a focus on pedagogical techniques. In order to demonstrate the efficacy of this method, the authors practiced Problem-posing Learning and Role Lettering based on the theory of Language Ecology. Through this practice, three teachers realized deep introspection and engaged in quality discussion by activating language. This enabled the teachers to deepen self and mutual-understanding, and to achieve a broader understanding of society’s present circumstances. The study additionally suggests possibilities for autonomous teacher’s training using existing interpersonal relationships.
資料種別 :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/56727
NII書誌ID :AN10426480
公開者・出版者 :お茶の水女子大学日本言語文化学研究会
掲載雑誌 :言語文化と日本語教育 Vol.46 p.31 -38
出現コレクション:言語文化と日本語教育