お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
B 紀要等 >
言語文化と日本語教育 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/59586

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
48-9_p.1-10.pdf1146KbAdobe PDFView!

タイトル :意見交換会話における日本語中級非母語話者と母語話者の会話参加 : 超上級接触場面との比較から
別言語のタイトル :Participation of Native Speakers and Non-Native Speakers at the Intermediate-Level in Discussions: A Comparison with Speaker at the Advanced Level
著者 :小松, 奈々
別言語の著者 :こまつ, なな
KOMATSU, Nana
発行日 :2015-6-25
内容記述 :本研究では、日本語中級非母語話者の意見交換会話への参加の様相を探るため、超上級非母語話者の接触場面と中級非 母語話者の接触場面における会話参加者の発話の長さと発話機能使用数を比較した。分析の結果、超上級接触場面では非 母語話者と母語話者の発話の長さが類似しているのに対し、中級接触場面では非母語話者より母語話者の発話が長いこと が明らかになった。発話機能の使用数においては、超上級接触場面、中級接触場面共に母語話者が情報要求、非母語話者 が情報提供の使用が多いという傾向が見られた。その他に中級接触場面では相手発話に同意する発話の使用数において非 母語話者が母語話者より少ないことがわかった。中級接触場面の会話例からは、非母語話者が母語話者による確認の質問 に答えることで発話を完成させている様子や、相手の意見への反応がないまま意見陳述を続行する非母語話者の様子が観 察された。以上の分析に基づき、今後の中級非母語話者の会話指導への提案を行った。
抄録 :In this paper, the speech length and the speech functions of discussions by Japanese native speakers and non-native speakers at the advanced level and the intermediate level were compared for the purpose of clarifying participation of non-native speakers at the intermediate-level in discussions. The results showed that the length of speech is similar between native speakers and non-native speakers at the advanced level, while the length of speech of native speakers is longer than non-native speakers at the intermediate level. With regard to the number of speech functions, the results showed that there is a tendency that native speakers use the informationrequesting function and non-native speakers both at the advanced level and the intermediate level use the information providing function. Otherwise native speakers use function of agreement with partnerʼs opinion more frequent than nonnative speakers at the intermediate level. From the conversation example, a situation was observed in which non-native speakers at the intermediate level gave information and opinions unilaterally without considering their partnerʼs opinions. From these results, the establishment of a conversation class for learners at the intermediate level is proposed.
資料種別 :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/59586
NII書誌ID :AN10426480
公開者・出版者 :お茶の水女子大学日本言語文化学研究会
掲載雑誌 :言語文化と日本語教育 Vol.48/49合併号 p.1 -10
出現コレクション:言語文化と日本語教育