お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
B 紀要等 >
お茶の水女子大学心理臨床相談センター紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/61012

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_p.37-45.pdf660KbAdobe PDFView!

タイトル :青年期の親子間コミュニケーションのあり方:青年の発達とOlsonの円環モデルの視点から
別言語のタイトル :The way of parents-adolescent communication : From the perspective of Olson circumplex model
著者 :小野島, 萌
別言語の著者 :ONOJIMA, Moe
発行日 :2017-3-1
抄録 :青年期は,親子間コミュニケーションが複雑化し親子間での葛藤が生じやすい一方,親子間コミュニケーシ ョンが青年の適応的な発達や精神的健康にとって重要であると言われている。しかし望ましい親子間コミュ ニケーションのあり方や青年期の親子間コミュニケーションの理論は未確立である。そこで本研究では,青 年期研究の学術誌から抽出した文献を,家族機能に基づくOlson の円環モデルの観点から概観することで, 青年期特有の親子間コミュニケーションのあり方を見出すことを目的とした。抽出した35 件の文献を概観 した結果,青年期の親子間コミュニケーションでは,親の受容的,共感的な聴く態度と,青年が自分自身の 意見や感情に関して自己開示することの連続性の重要性が明らかになった。また,異性関係にも関心が注が れるようになりアイデンティティ確立や個別化が進む中,親子間コミュニケーションで父親が担う役割が重 要になってくることが示唆された。
資料種別 :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/61012
NII書誌ID :AA12013515
公開者・出版者 :お茶の水女子大学心理臨床相談センター
掲載雑誌 :お茶の水女子大学心理臨床相談センター紀要 Vol.18 p.37 -45
出現コレクション:お茶の水女子大学心理臨床相談センター紀要