お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
0 NDC >
4 自然科学 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/706

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
44_8_1118.pdf4378KbAdobe PDFView!

タイトル :リゾリン脂質メディエーターとしてのリゾホスファチジン酸と環状ホスファチジン酸の存在,代謝および生理機能
著者 :小林, 哲幸
室伏, きみ子
発行日 :1999-6
抄録 :リゾホスファチジン酸(LPA)は細胞増殖の促進など多様な生理活性を有する脂質メディエーターとして注目されている。一方,環状ホスファチジン酸(cPA)は,真性粘菌から発見されたLPA構造類似体であるが,ヒト血清中にも存在することが最近明らかとなった。cPAは細胞増殖の抑制などの生理活性を示し,LPAと並んで生体内で機能していると考えられる。また現在までに,LPAに対する受容体遺伝子がいくつかクローニングされており,これらはリガンド特異性が異なる受容体ファミリーを形成していることがわかってきた。
資料種別 :学術雑誌論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/706
NII書誌ID :AN00140437
公開者・出版者 :共立出版
権利 :共立出版
掲載雑誌 :蛋白質核酸酵素 Vol.44 no.8 p.1118 -1125
出現コレクション:4 自然科学