お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
0 NDC >
4 自然科学 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/712

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
31_5.pdf7044KbAdobe PDFView!

タイトル :フィブロネクチンレセプターと細胞表面
著者 :長谷川, 孝幸
林, 正男
発行日 :1986-4
抄録 :フィブロネクチンは動物の血液中や培養細胞表面などに存在する糖蛋白質で,細胞の接着・伸展・移動・分化・増殖・食作用などの生理作用を示し,癌の転移,組織修復,組織構築,生体防御などに関与している。このフィブロネクチンの細胞表面での研究は細胞接着ペプチドRGD(Arg-Gly-Asp)の発見と細胞膜上のレセプターの発見により現在大きな転機を迎えつつある。他の接着性蛋白質であるラミニン,ビトロネクチン,コラーゲンなどが,フィブロネクチンとそれなりに「遠くて近い」「深い仲」だということもささやかれている。
資料種別 :学術雑誌論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/712
NII書誌ID :AN00140437
公開者・出版者 :共立出版
権利 :共立出版
掲載雑誌 :蛋白質核酸酵素 Vol.31 no.5 p.425 -435
出現コレクション:4 自然科学